注目する機能やサービス《文字認識・顔認識・状況認識がしたい》

こんにちは。メジカラネットです。
「目が弱ってきたら紙文書の内容は全く理解できない」「見えないから誰かの手を借りない限り状況を把握できない」なんてことはございません。
このページでは「目の代わり」として文字認識や顔認識、状況認識をしてくれるアプリをご紹介します。

※最終更新2021年1月23日

Sullivan+

デベロッパ:TUAT Inc.

文字を読み上げたり周囲の状況を説明したり、色を識別したりできる無料アプリ。比較的読み上げミスが少ないのが利点です。

TapTapSee

デベロッパ:Cloudsight, Inc.

カメラで撮影した物がわかるアプリ。写真アプリの中の写真も、何が写っているかを教えてもらえます。

Seeing AI

デベロッパ:Microsoft Corporation

ユーザーの周囲の状況について説明する無料アプリ。あらかじめ顔を登録しておくと、アプリがその人を認識できたときに教えてくれます。

OCR-pro

デベロッパ:Gen Shinozaki

墨字に向けて写真を撮ると、文字を読むアプリです。
720円の有料アプリですが、現時点で一番使いやすいOCRアプリです。

Envision AI

デベロッパ:Envision Technologies B.V.

テキストを読んだり周りの状況を説明したりできる万能アプリ。9000円の有料アプリです。

Uni-Voice Blind

デベロッパ:uni-voice business plan and planning inc.

専用の音声コード「Uni-Voice」をスキャンするとバーコードの中の情報が読み上げられます。
墨字の資料にUni-Voiceを付けてもらえると、スムーズに情報を得ることができ助かります。

Cash Reader:紙幣を識別

デベロッパ:Hayaku s.r.o.

お札の識別ができます。
設定を変更すれば日本円以外にも、海外紙幣にも対応させることができます。
無料版では各国紙幣の一番小さい紙幣と2番目に小さい紙幣のみに対応しています。つまり、日本円で無料版に対応しているのは、1000円札と2000円札のみです。

言う吉くん

デベロッパ:NATIONAL PRINTING BUREAU.

お札(日本円)の識別ができる国立印刷局公式アプリ。内蔵カメラを使って紙幣を映すだけで、その額面を音声や画面で知らせてくれます。

Light Detector

デベロッパ:Retina Italia Onlus

音で光の明るさを知ることができる感光機アプリです。

衣服の色調べ

デベロッパ:MASAO MIYAKE

色を知りたいものに対して写真をとると、色を答えてくれます。
衣服の簡単なデザインなども確認ができます。

ColorSay

デベロッパ:White Marten

カメラのシャッターを切らなくても色を確認できるアプリです。

その他、残高確認を行ったり、ICカードリーダーとして使ったりするアプリもございます。

ぜひ体験してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です